尖山考

京都府宇治市に尖山(とんがりやま)というウソみたいな名前の場所がありました。 もう、20年以上前なので、どうやって行ったかも定かではありません。 確か、平等院の前を通ったような。 住宅地の中を入っていくと、いきなり現れるのです。
噂だとゴルフ場の造成に失敗した跡だとか。そんな風に見えたので、自分で勝手に推測したのかな・・
山といってもまったく山ではない。単なる切り開かれた造成地です。でも、ジャンプや、直径10数メートルの クレーター状のものなんかがあって、オフロードの練習には持って来い。 よく気軽に走りにいったものです。 どこだったかな、と思ってGoogleの航空写真で探してみましたが、見当たりませんでした。 きっと、とっくの昔に宅地になってしまったのでしょうね。
こんな感じの単なる原っぱでした。
周囲にはすでに住宅が見えます。

小さいけど、ジャンプもあった。
右手に3〜4階建てが見えている。あれは学校かな?

大学の友人とXL250R

私です。
まだオフロード装備もほとんど無かった。スキー用のオーバーパンツに、九州ツーリングで買った、 エキゾチック長崎のトレーナーを着てます。

装備も腕も充実してきたころ
こういうバンクターンを練習できるクレーターがたくさんあったのです。
タンクには、初の北海道ツーリングで買った「ゆっくり走ろう最北端」のステッカーが。
その他、タイヤ屋のバイトで貰った訳の分からんステッカーをペタペタと。

ミニジャンプ


大カウンター(コケませんでした)

少しは高く跳べるようになった
うしろの網は
ゴルフの打ちっ放し?
外周コースは少しだけワイルド。

記念撮影。
ニーグリップで塗装が剥げたタンクにはステッカーが貼ってあります。

バイク素人の友人。おいおい、外足を出しちゃダメだよ。




戻る