わたしについて


二兎を追う男の経歴:
昭和30年代の半ば過ぎに山梨の田舎に生まれました。
大学の6年間を京都で過ごし、バイクツーリングに目覚めます。
卒業旅行でオーストラリアを3週間ツーリングして、外国に目覚めます。
東京の会社に就職。大学の友人とカナダ西部、アメリカ北西部をツーリング。
しこしこと英会話を勉強し、4年目で海外駐在員になるため転職しました。
ニューヨークの近郊で3年弱生活、メキシコ、コロラド、カリフォルニアをツーリングします。
日本に帰ったものの、東京の人ごみに耐え切れず1年でまたニューヨークへ。
永住権を取得し、現在ロスアンゼルスの近郊に居住しています。

バイク歴


期間 車種 思い出
1978〜80 ホンダ CB50JX−1 16になり、田舎の高校生の通過儀礼のような原付免許を取得。親父は新車のCB50を買ってくれた。 早速コケてヘッドライトを大破。同級生と静岡に日帰りツーリングをやる。仇敵のスズキRG50やヤマハRZ50 などに登り坂で思いっきり置いてかれる。65ccにボアアップするも効果なし。マフラーを切って走ったら音がでか過ぎて すぐに溶接で直してもらう。30キロオーバーで痛恨の免停30日、停学3日をくらう。 大学で京都に持っていって乗ったが、中型免許取得とともに友人に売ってしまった。
1980〜81 カワサキ Z400B1 夏休みに中型免許を取得。学食の掲示板で見つけたフルカウル、サイドバッグ付きのZ400B1を買う。 相当古くて車検切れ間近なのに10数万円した。世間知らずで、上級生にまんまと騙されてしまった訳だ。 春休みに田舎に乗って帰って車検を取るが、すぐに売ってしまった。大損だった。
1981〜82 ヤマハ XJ400SPECIAL 新車で購入。81年5月に親父が急逝し、夏は京都で埃を被っていた。11月に山陰から下関へ。82年1月は四国一周。 3月に九州一周。7月に北海道。その後いつどうやって売ったのかははっきり憶えていない。GN400の下取りに出したのかもしれない。
1982〜84 ヤマハ XT250 先輩から購入。ダートに目覚め京都周辺の林道を走るが、ほとんどが軽装の日帰りのみ。ツーリングには紀伊半島の林道に2泊3日 で行ったのみだと思う。
1982〜84 スズキ GN400

GN400改の変遷
スズキの大失敗作の「アメリカン」バイク。単気筒なのが気に入って、最初から改造するつもりで中古を購入。 確か、鈴鹿あたりのバイク量販店に1台だけ売っていたのを雑誌で見つけて買った。この後数年日本全国をツーリング したが、誰かがGN400に乗っているのは一度も見なかった。84年夏の北海道、東北の1ヶ月が華だった。 最後はヤマハのSRのようにヨーロピアン調に改造。 車検が切れたので、惜しむらくも廃車にした。スピードメータは外して部屋に飾っていたのだが、いつの引越しの時か それも捨ててしまった。残念。
1984〜86 ホンダ MTX200R 最初で最後の2ストバイク。新車で購入。当時革新的だったヤマハのDT125の対抗機種。このバイクでは85年の北海道の林道ツーリングなど 長距離を走り回ったり、草レースにも出た。モトクロスコースで練習中に転倒して2度も鎖骨を折ってしまった。ジャンプの し過ぎでフレームに亀裂がはいったのを溶接もしてもらった。就職してから関東の林道も走ったが、最後はエンジン不調に悩まされた。
1985〜88 ヤマハ XV750E 限定解除に3回目で合格。「Vツインを抱いて感性のヨーロピアンがやって来た」という文句に惹かれて買った。 このバイクも若干改造した。エンジンはXT250の単気筒を2つ付けたような感じで、暖まってくるとかかりが悪い のと、タペット音がうるさいところはそっくり。春の九州、夏の北海道と走って堪能した。
1986〜90 ホンダ XLR250R MTXの後継に新車で買った。お決まりに、XRのライト、メーターを付ける。関東、中部、四国、九州の林道に野宿ツーリング に出かけた。大学のバイク友達もだんだん忙しくなって、集団の林道ツーリングはみんなで中部の林道に行ったのが最後になった。 富士の本栖エンデューロにも出場。スタートでエンストして結果はいまいちだった。
1988〜90 スズキ GSX750S−3
New KATANA
また変な趣味で、不人気なKATANAの3型を上野の中古車街で買ってしまった。リトラクタブルヘッドライトのあれ。 この刀では東北に最初で最後の2人乗りツーリングに行った。脇野沢のフェリーに乗り遅れそうになり、下北半島のダートを かっ飛ばした。最後は渡米直前に近所のバイク屋に売っ払った。10万円くらいにしかならなかったと思う。
1992〜94 BMW K100RS 友人もいないニューヨークで暇を持て余して買ったのはいいが、中古でオイル上がりしてサイドスタンドでしばらく止めて おいてから始動すると白煙が上がった。ツーリングにもまったく行かなかった。日本帰国の時に持ち帰ったが、通関が遅れて 手元に届いたのは夏の終り。秋の北海道を狙うが、台風などで行きそびれた。再度の渡米でやはり近所のバイク屋に売っ払う ことになった。このときも10万円台だったと思う。
2005〜 ヤマハ XT500F 1979年型。10年以上のブランクを経て、とうとうバイクライフ復活。ツーリングはまだだがツーキング、ちょい乗りで頑張ります。
2006年からナンバー登録保留にしてしまいました。どこかのダートに持っていって乗ってやりたいです。
2008年にナンバー登録復活、年1回くらいのペースで林道、砂漠などのダートを走っています。
2011年にロードバイクに改造しました。
2012年に60年代の旧車っぽく改造しました
2006〜 BSA A65 Thunderbolt 1971年型。25年間雨ざらしになっていたガラクタを何とかレストアしました。英車らしくオイルも漏らしますが 元気で頑張ってくれ。
顛末は プロジェクトBSA にて。
2006〜11 ホンダ CB750K5 1975年型。クラブマンハンドル、カフェカウリング、自作リアシートカウルをつけてカフェレーサーに。
顛末は CB750 カフェレーサープロジェクト にて。
寄る年波で前傾の乗車姿勢は厳しいので、ドナドナとなりました。かなりの引き合いがあり、お褒めの言葉もたくさん貰ったので、とりあえず満足です。
2007〜 ヤマハ GX750II(米国モデル名:XS750) 1978年型。DOHC3気筒。これで1,2,3,4気筒と揃いました。
顛末は GX750 レストア記 にて。
初期型GXの3−into−1マフラーを取り付けています。ノーマルマフラーは大人し過ぎの感じ。
何かいいマフラーがないかなあ・・
2011年にVetterのフルカウル+ハードバッグ類を付けてツアラー、お買い物バイクとなりました。
2010〜 ホンダ GL1100A
ゴールド・ウィング アスペンケード
1982年型。暇にまかせてCraig's Listをみていて思わず買ってしまいました。
フルカウルなので、フリーウェイで長距離ツーリングを目論んでいますが、サイドカーを付けたのでパワーが足りるか?
2011〜 ホンダ トレール CT90
ハンターカブ
1969年型。キャンプに手軽に持って行けるバイク、ということで購入です。
40年以上の生涯の半分以上を物置で眠っていただけあって、まだまだ本調子ではない模様。いじってどのくらいの実力が出るか?
2012年にエンジンを中華のLifan125ccに載せ替え。XL125Sのフロントフォークに、Hagonのリアショックでオフロード性能を強化し、 ナンバー付きダートバイクとして活躍しています。
CTL125と命名。
2012〜 ヤマハ IT175F
1979年型。CTLでオフロード熱が復活し、あぶく銭でeBayから購入。
程度は思っていたより悪く、クランクケースまで割ってフル・リビルドが必要でした。
現在オフ専用車で乗っていますが、子どものZ50Rの相手にはCTL125の方が合っていますので、出番は少ないです。
2014〜 ホンダ CL125A スクランブラー
1968年型。ひょんなことで、知り合いのバイク屋さんから購入。
125ccツインの前傾エンジンはいいですねえ。BSAと同様ピストンが固着していたので、フル・リビルドとなりました。
慣らしが終わったら、近場街乗りバイクにするつもりです。
その後、サーキットレーサーとしてバックステップ、クラブマンハンドル、カウル、自作逆便器シートなどで改造しましたが、
我が子が怖くて乗れないそうなので、ストリート・トラッカー仕様となっています。
2015〜 ブリジストン マークII RS
1967年型。ひょんなことで、知り合いの旧車レーサーから購入。
今までで最悪な状態のバイクでした。例によって登録手続きに一苦労。その後1年近く掛かって、漸くレストア。
2スト200ccなので、4スト400cc程度のパワーを期待してたのですが、設計が古過ぎるのか、レストアが不完全なのか、それほど速くはありません。
ということで、バックステップにして、サーキット走行も出来るカフェレーサーに改造してしまいました。




番外編(海外ツーリングでレンタルしたもの)


期間 車種 思い出
1986/3 ヤマハ XV750SPECIAL
ヤマハ XJ750E
オーストラリアツーリングの時シドニーでレンタル。相棒と日替わりで交代で乗った。シドニーからブルーマウンテンを越え、 ポートオーガスタから当時まだダートの残っていたスチュワートHWYでアウトバックを走ってエアーズロックへ。XJは整備不良で 途中で壊れ、通りがかりの車に数10キロ先の街まで牽引してもらって修理した。 帰りはアデレイドに引き返しメルボルン、キャンベラと回るルート。
相棒は憑かれたように数年後に単騎でオーストラリアへ。さらに新婚旅行もキャンピングカーで回ったのだった。
1989/7 ホンダ V30 Magna
カナダアメリカツーリングの時バンクーバーでレンタル。「アメリカン」バイクだが日本では売っていないと思う。 V30の「30」はおそらく立方インチで、500CCくらいだ。 透明のカウリングが付いていて高速走行は楽だったが、虫が貼り付いて汚かった。鳥までぶつかった。
1990/12 カワサキ KDX200
アメリカのバイク雑誌の広告を見て行ったメキシコのカッパーキャニオンのバイクツアーで乗った。公道仕様ではないので、 移動はトレーラーに積んで。でもメキシコでは平気で公道を走った。ほとんどがど田舎のダートだったが。
1991/7 カワサキ KDX200
上記のツアーで今度はコロラドに。日本からの大学時代の友人も参加する。彼は転倒して痛がっていたが、日本に帰って医者に みせたら、亀裂骨折していたそうだ。このとき、やはりツアー参加者でカリフォルニア在住のフランス人フランソワに知り合う。
1992/12 ヤマハ XT600
上記のフランソワからレンタル。南カリフォルニアの砂漠を走り、Bajaにも行った。詳細は 「南カリフォルニア・Baja 砂漠ツーリング」にて。



メインに戻る