ゴールドウィング・リビルド

2010年4月24日

平日は子供の幼稚園送迎で全然時間がありません。ようやく土曜日。
まずは塗装のためにカウル、サイドバッグ、トランク、偽タンクを外すことにします。


作業開始から4時間程度でここまで来ました。ハンドルはすでにGXの純正に変えてあります。 やはりこの程度の高さがいいです。見てくれも含めて。


それにしても、汚い。先日林道に行ったXTより汚れている。どこを走ってたんだ。 カウルは一部割れていたり、いい加減な代用部品が使われていたり。 今回も程度が悪いですね。もう少し買い叩けば良かった。(と、いつも思うけど、学習効果なし。)


これがエアサス。
こちらはエアクリーナー。偽タンクの中になります。
電装も偽タンクの中ですね。
ラジエター前面。
ラジエター背面。強制冷却用のファンが見えます。
ヘッドライトの場所には錘が。カウルを付ける場合にはステアリングの安定のために必要だそうです。
純正のステップではなく、フロアボードとシーソー式のギアチェンジが付いてましたが、好みではないので外して純正に戻します。
あまりに汚いので、高圧洗浄機にて洗車しました。やはり簡単に綺麗になります。これで十分洗浄機の$30は元が取れたな。

たらしさんご希望のエンジン回りの写真です。普通のダブルクレードルフレームですね。

ガレージ奥に入れて更なる分解の準備完了。取り回していて、ステアリング・ステム・ベアリングが逝っていることを発見。 動きが完全にコキコキです。道理で低速で真っ直ぐ走らなかった訳だ。 ということで、フォークも外さないといけないから、この際オイルシールも交換かなあ・・・



戻る